【特別展】加賀本多家伝来 馬具展

加賀藩主 前田家と本多家

<記念特別展>大坂の陣 本多政重と加賀藩

加賀本多家の歴史

本多政重肖像画

本多政重肖像画

加賀本多家の初代当主となる本多政重(まさしげ)は徳川家康の側近であった本多正信の次男として出生する。自身も家康や秀忠に仕えたが、刃傷事件を起こして出弄した後、宇喜多秀家に知行2万石で仕官した。

伏見城の戦いでは宇喜多軍の先鋒を務め、関ヶ原の戦いでは鎗 働きによって名を馳せた。敗戦後には小早川秀秋と前田利長、双方の仕官打診を断り、高野清水に逗留した。

一時期、福島正則に知行3万石で仕えたが、程なく同家を去り、利長に知行3万石で仕官する。その後、米沢に赴き、上杉家の家老である直江兼続の娘を娶ったが、後に同家を離れ、加賀前田家に再仕官を行った。
このことにより「加賀本多家」が成立する。知行は先に3万石、次に2万石を拝領し、合わせて5万石となる。大阪の役にも出陣し、陣後には「従五位下安房守」に叙任される。

以後、歴代の当主は藩政期を通じて加賀藩の行政最高職を世襲する「八家」(はっか)の1家となり、要職を歴任した。(参照 本多政成編『本多家譜』)


画像などの利用申請

画像データ利用の前提条件

  • 下記の条件に対し、明らかな違約を確認した場合は利用許可の取消し、差し止めを行う場合がある。
  • 公序良俗に反する目的、当館が不利益を被る利用やその他違法な目的には利用は固くお断りする。
  • 本規約については随時変更することがある。

画像データ利用の流れ

  1. 申請書の提出
  2. 申請結果の通知
  3. 文化財保存協力金の寄付
  4. 画像データの受渡 ⑤ 成果品の寄贈

1、「画像データ借用・転載申請書の提出」について

  • 利用希望日の30日前までに当館必着で下記の書類を送付のこと。紙媒体以外での申請、無押印の書類は受付けない。
  • 提出された書類、返信用封筒は申請結果に関わらず、返却しない。

● 本ページをプリントアウトしたもの
● 申請書(転載は<書式4>、放映は<書式6>に直筆で作成)
● 詳細な企画書(番組や出版物の趣旨)
● 転載は校正原稿(トリミングや加工を予定している場合はそれが分かるように)、放送はナレーション原稿
● 申請者及び担当者の名刺
● 返信用封筒(切手を貼り、返信先を記載した角2型の封筒)
○ 減免申請書(適用可能性がある場合は申請書提出前に確認の上、転載は<書式5>、放映は<書式7>に直筆で作成)

申請書

減免申請書


2、「申請結果の通知」について


  • 当方より書面又はメールにて通知を行う。通知を確認の後、「文化財保存協力金」の払込後に連絡を入れること。

3、「文化財保存協力金」の納付について

  • 1画像につき、10,000円を目安に利用料を次の口座にて申し受ける。なお、振込手数料は申請者の負担とする。この利用料は当館の所蔵品の保存・修復に用いる「文化財保存協力金」に充当する。
    北國銀行 (普)香林坊支店 487314 公益財団法人 藩老本多蔵品館
  • 明らかな違反を確認した場合は規定の協力金を含む30,000円を目安とする「文化財保存協力金」を申し受ける。
  • 文化財に対する理解を深めて頂くため、「文化財保存協力金」に相当するご招待券(有効期限1年間)を贈与する。
  • 公共の(又は準じる)博物館・美術館等又は当館の広報に大きく寄与すると判断する申請には、減免する場合がある。
    該当の可能性がある場合、文化財保存協力金の減免に該当する場合は事前に連絡の上、確認のこと。
  • 申請結果の通知確認の電話より7日以内に振込が確認できない場合は申請を取り下げたものとみなし、許可を取り消す。
    これにより生じた申請者の損害についての責任は当館は負わない。
  • 既納の利用料は理由の如何に関わらず原則として返還しない。

4、「データの受渡」について

  • 原則としてCD-Rでの受渡となる。申請者住所・名前にて着払いで送付する。画像を確認次第、連絡を入れること。
  • 画像データの貸出期間は画像送付日より2か月とし、それを経過した場合は申請を取り消し、紛失として扱う。
  • 利用後、CD-Rは申請者の負担にて速やかに当館まで返送のこと。損傷・紛失の場合は再購入費用を請求し、同一申請者による申請を今後受け付けない。データの流出により発生した不正使用等の損害については申請者の責任とする。

5、「成果品の寄贈」について

利用実態が分かる成果品を速やかに1部提出すること。利用のない巻も含めシリーズ物は1セットを提出のこと。
発行予定日より過分に経過しても寄贈がなされていない場合は督促を行う場合がある。