お知らせ

2021年02月20日

春季特別展「加賀本多家の武装」はじまりました

 2月20日から、春季特別展「加賀本多家の武装」がはじまりました。
 加賀本多家は加賀藩前田家において、人持組頭を務める年寄衆「加賀八家」の1家であり、5万石という破格の待遇を受けた家柄でありました。この加賀本多家は、本多政重を初代とします。
 今回の特別展では、本多政重が関ヶ原の戦いや大坂の陣で実際に使用したと伝わる甲冑や刀剣をはじめとして、歴代当主の武装品を一堂に展示します。本来は戦闘のための用具ではありましたが、装飾やデザインに工夫がこらされてきた美術工芸品としての一面もお楽しみください。
 また、文書コーナーでは、加賀本多家の分家である本多図書家初代・政冬(1万1千石)が、加賀藩5代藩主・前田綱紀から加賀八家並みの重職に任命される前後に受け取った書状(初公開史料)を公開しています。ぜひご覧ください。


刀を4振 展示しています

初公開史料:本多図書家伝来文書